緊急事態宣言時における当会の対応について

新型コロナウイルス感染拡大における国の緊急事態宣言を受け、当会では国や各自治体の要請に基づいた下記のような対応を行っております。常日頃から山やクライミングに親しんでいる我々にとっては、生活の一部となっているような活動を我慢しなければならないというのは辛い側面もありますが、この全国・全世界的な緊急事態が収束するまで、大阪ぽっぽ会会員としての品位を保った賢明な行動をとっていただくようお願いしています。

会単位の活動に関して
当分の間、会トレーニング、会山行、例会、運営委員会、その他会員の集まりは全て中止といたしました。

会員個人の活動に関して
当会には転勤や帰郷などで遠方に移住後も、継続して在籍していただいている会員が北海道から九州まで各地に在しており、それぞれの自治体によって要請の内容に差が生じている状況などを鑑み、現段階では会員個人の山行に対して会として一律な自粛制限を設けることはせず、国や居住される各自治体の要請に基づいた各自の判断において自粛していただくことといたしました。
当会の主な拠点でもあり、この度の緊急事態宣言の対象となっている大阪府や兵庫県の会員はもとより、全ての会員には節度ある論理的な思考での行動をとっていただくよう要請しております。

しかしながら、すべての山行を自粛して自宅にこもり続けるといったようなことは、心身の健康に悪影響を及ぼす可能性があることや、特に体力を維持し続けることは山行における安全に直結することでありますので、状況を判断しながら屋外でのランニング、サイクリング、或いは自宅出発から帰宅まで完全に「三密」を避けることができる範囲内でのハイキング・トレッキングなど、各自が工夫して体力維持に努めていただくことは差し支えないと考えています。しかし、これらの行動においても、大けがや遭難などで医療システムに負荷をかけてしまうようなことは決して許されない状況でもありますので、安全面を熟考したうえで自らを律した節度ある行動をお願いするものであります。