新人フリークライミング合宿 (2018/5/4〜5)

2018年5月4日(金)〜5月5日(土)
メンバー:Y会長(L)、北山、I橋1、I橋2、H川m、M田、G(旧人2名・新人5名)
日程 / 4日:小赤壁   5日:御着の岩場

ゴールデンウィーク後半に備中でのクライミング合宿を計画していたが、Y会長が新人の力量を再考した結果、急遽姫路にある2か所の岩場に変更となった。
朝7時、6人と荷物でパンパンになったH車で大阪を出発し、小赤壁へ向かう。小赤壁上部の公園駐車場には、先に一人で来ていたY会長が待っていた。早速準備を整え、海岸沿いの遊歩道まで下降路を降りる。小赤壁は海に向かって南向きで、風さえなければ冬でも比較的暖かく、冬の岩場とし定着している。つまり、冬以外で風がなければ暑い岩場となる。しかしこの日の岩場は強風が吹き続け、この5月に予想外の寒さに皆震えていた。そんな寒い中ではあったが、とにかく岩に取り付く。まずはA岩の「イルカはおるか(5.9)」と「ブラックメルセデス(5.10a)」にトップロープをセットして登る。写真は、左が「イルカはおるか」右が「ブラックメルセデス」

どちらも微妙な核心に手こずる新人さんたちだが、リードにもトライする。惜しくもレッドポイント(以下RP)はならなかったが、いいリードの練習になったはずだ。A岩には「がらっぱち(5.10d)」というルートがあり、水平線をバックになかなかいい写真が撮れるポイントであることを思い出し、北山が10年以上?ぶりにマスターでサクッと登ったあと、Y会長に被写体になってもらうべく登ってもらった。こんな感じ↓。

その後は少し回り込んで「河童の涙(5.10a)」と「ABC(5.9)」に北山がトップロープをセットしたが、「河童の涙」は新人には難しいと判断し「ABC」を皆で登った。一通り登った後は隣のE岩の「どうしよう(5.9)」とF岩の「タジヤン40(5.10a)」へ転戦。ここでトップロープをセットしに登ったY会長が「タジヤン40がとっても登りやすい!」と言うので、リードできそうな新人3名に交代でリードしてもらうと、2名がオンサイトできて1名がRPという大きな結果が得られた。最後に、朝から登りたいというリクエストのあったG大岩の「コケコケ(5.10a)」にも行きたかったが、時間切れで本日のクライミングはここまで。駐車場に戻って翌日の岩場を「古法華」か?「御着の岩場」か?・・・Y会長が悩みに悩んだ末、(なんとなく?)御着の岩場に決まる。御着の岩場は小赤壁からも近いので、テントはこの駐車場横の公園に設営することにした。とりあえずスーパーに食材などを買い出しに行き、Y会長持参のバーベキューコンロでのバーベキューやら焼きそばやらで夜は盛り上がり、就寝が深夜2時ごろになってしまった。

翌日は一部飲み過ぎのメンバー(北山?)もいて、朝はダラダラ。朝食〜片付けて御着の岩場へ出発。

御着の岩場は誰も行ったことがなかったので正確な場所がはっきりしない。しかし、そこは岩場に通ってうん十年のY会長がテキトーに車を走らせているようでもドンピシャで岩場の登り口に到着。そこから岩場までは徒歩10分ほどだった。紙のトポを持ち合わせていなかったので、ネット上で見つけたトポをスマホの画面で見るも、この辺りの岩場独特の手書きのトポは拡大してもボヤ〜っとしていてルートやグレードが判別しにくい。とりあえず、そこが東面の岩場であることは分かったので、その中から5.10aと思われるルート(帰宅後に「お年玉(5.10b)」と判明)に、いきなり新人のGさんをオンサイトトライさせるY会長。


Gさんは昨日の登りこみもあって、なかなかいいところまで登るもやはり難しかったようでオンサイトならず。少し離れたところの「ブッシュ起し(5.9)」にもどんどんリードでトライする新人たち。3名はマスターでオンサイトし、トップロープ組もリードクライミングを目指して精一杯頑張っていた。「お年玉」に戻って2番手のHがオンサイト成功!。3番手以降はなかなか抜けられず、ここで南面の岩場に移動することにした。南面の岩場には、年配の夫婦がお孫さんとその友達を連れて登りに来られていた。子供達も一丁前にハーネスとクライミングシューズを履いていて、聞くと軽いコンペなどにも出ているとのことだった。そして、ここの岩場のことやおすすめルートなど色々と教えてくださったとても感じのいいご夫婦でした。
さて、南面の岩場は2ピッチ取れるところもあるらしいスケールの大きな岩場だが、傾斜が緩くてピン間隔が遠いところも多い。本チャンのトレーニングにもなりそうな岩場だ。会長は新人さんにリード慣れをさせるべく、どのルートにするかを思案していたが、傾斜の緩いやさしいルートは本チャン風にピン間隔が異常に長い。中央左のルンゼルート「ルンルンルンゼ(5.9)」を北山が試登してみたが、30m近いルートに支点が3カ所しかない。登るのは難しくはないが支点がほとんどないので精神的に恐ろしく、本チャン気分がそのまま味わえる。ここも新人さんには無理と判断し、結局左端の方の「猪八戒西域へ(5.10b)」にトップロープを張るたこ会長。北山はもう二つ左の「桜咲く(5.10a)」にトップロープを張った。どちらも垂壁から緩斜面に乗っ越す部分が核心だが、新人には難しすぎた。そうこうしているうちに日もかなり傾いてきたので本日はここまでにして、片付けて下山。
こうして二日間の新人フリークライミング合宿は無事終わった。

今回の新人合宿では、会長の思いもあって、クライミング本来の姿であるリードクライミングに慣れてもらうために少しでも多くリードでトライしてもらい、リードクライミングの緊張感や集中力、そして簡単なルートでもいいのでRPやオンサイトする喜びや達成感のようなものを感じてほしいと思っての2日間でした。しかしながら低グレードで安全にリードでトライでき、なおかつ登りごたえもある、といった都合のいいルートがどこにでもあるはずもなく、岩場とルート選択が難しかったことも含めて色々と反省点もありましたが、新人たちから「色々と得られるものがあり、充実しました!」との良い感想をいただいた旧人2名はホッと胸を撫で下ろすことができ、結果的にやりがいのあった2日間となりました。また行きましょう!。
[北山]

SNSでシェア!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です