北アルプス 西穂高岳
2012年11月29日(金)夜~12月1日(土)

西穂からのルンゼを下る

メンバー: O西、U井、H川

行程:

11月29日 22:00千里中央→2:30新穂高

11月30日 8:30新穂高ロープウェイ→西穂高駅→11:00西穂高山荘→丸山→12:45独標→ピラミッドピーク→14:00西穂高岳→16:15西穂山荘

12月1日 7:00起床 西穂高山荘→8:30雪上訓練→9:45西穂高山荘→11:20ロープウェイ→新穂高→帰阪

11月30日は平日にもかかわらず会社が休みなので2年前からこの時期に計画しているシーズン初雪山山行を計画した。できるだけアプローチが良くて冬山を堪能できる山域を探しているがなかなか定番となる山を持てていない。2年前は中房温泉までの道路が閉鎖していなかったので燕岳に。昨年は白山山域の赤兎山で初アイゼンを履いた。

今回同行してくれたのは入会2年目のO西と新人のU井。

二人とも北アルプスの冬山は初めてなのでテント泊の生活技術と雪上訓練を課題とする。

 29日(木)22時の集合前に車のタイヤをスタッドレスに履き替えてこちらも冬シーズン入り。

2時半に中尾温泉口の錫杖山行時に仮眠する駐車場で仮眠。ロープウェイの始発が8時半なのでゆっくり7時まで寝ることができた。

8時半の始発で西穂高駅(2156m)まで上がる。8時52分着。登山客はご夫婦のお二人のみ。さすがに平日だけのことはある。すでにここからは雪山となる。

西穂山荘まで敢えてアイゼンは付けずに登り、10時には西穂山荘に着きテントを張る。わがパーティーのみの貸切状態。

 ロープウェイからの槍

ロープウェイからの槍

西穂山荘裏にテン場完成

西穂山荘裏にテン場完成

12時前に西穂岳に向けて出発。

西穂山荘を出てすぐの丸山までは西風の通り道になっているようで風が強い。寒いので丸山手前で一枚服を着直して取り敢えず独標を目指す。

西穂山荘を出発

西穂山荘を出発

丸山手前

丸山手前

丸山を越えると風も弱まったので快調に進むことができた。独標の下降もO西・U井両名とも足取りには不安がないので安心。先に見えるピラミッドピーク・西穂は遠いが14時半を行動リミットに設定して先へ進むこととした。

独標

独標

独標からの下り

独標からの下り

稜線の積雪は深くなく、岩雪のミックスでルートも明確。曇っているものの穏やかな中、西穂着は14時。ちょうど2時間で到着。眺望はないが満足して早々に下山にかかる。

西穂直下は雪のルンゼを登ったが、右側の岩稜の方が登下降しやすいと思う。

ピラミッドピークから西穂を

ピラミッドピークから西穂を

西穂に到着

西穂に到着

西穂からピラミッドピーク方面

西穂からピラミッドピーク方面

西穂からのルンゼを下る

西穂からのルンゼを下る

ピラミッドピークまで戻ったころ展望が開けて笠が岳、乗鞍、白山、富士山をなんとか眺めることができた。

ピラミッドピークから上高地

ピラミッドピークから上高地

ピラミッドピークからの下り、乗鞍を

ピラミッドピークからの下り、乗鞍を

西穂山荘着は16時30分。下山は1時間40分くらい。

ゆっくり1時間かかって雪から4L強の水つくりをして、O西シェフのキムチ鍋に舌鼓。おいしかった。

20時には就寝して日頃の睡眠不足解消。夜半よりテントをたたく雨のような音に目が覚める。まさか雨はないと思っていたらやはり雪だった。

6時前に起床すると15㎝ほどの積雪で弱いが降り続いている。今日は丸山まで行って雪上訓練の予定なので多少の悪天の方がそれらしい雰囲気になると思い8時に出発。すぐに丸山まで西からの強風にあおられる。丸山から少し戻った東面に風を避けて雪上訓練に移った。

滑落停止、スノーバーとデッドマンのセット、ピッケルでの確保支点作り、大阪方式のコンテ、をざっと流してテン場に戻った。

風のなか丸山へ

風のなか丸山へ

丸山直下で雪訓

丸山直下で雪訓

テント撤収にかかった途端、降雪が止み、青空まで見えてきたので荷物を広げながらの撤収ができた。幸運。

テン場は我々のみ

テン場は我々のみ

大分埋まりました

大分埋まりました

小屋で「ロープウェイは今止まっています。」と言われたがこの天候ならすぐに動くだろうと下山開始。40分程で11時25分に西穂高駅に到着。11時45分にロープウェイが動くということでジャストのタイミング。西穂山荘泊で下山してきた人たち8名ほどが待ちぼうけを食っていた。

このころから天候は再び降雪となり寒くなってきた。

新穂高駅の辺りも降雪で車に積雪。平湯から平湯トンネルまではスタッドレスでなければ上がれない状態だった。

今年の初雪山行も充実したものとなった。来年はどこにしようか?

【O西の感想】

夏の西穂高岳は一回だけ登ったことがありましたが、冬はどんなであるか出発前から楽しみにしていました(人生雪山4回目です)。西穂山荘までの登りはザックも重く、自分の体力のなさにがっくりしました。しかも山荘からは慣れないアイゼンを履き、雪と岩の歩行に身体はバラバラでした(恐い思いを何回かしました)。そんな中、目標の西穂高岳まで登ることができ、ものすごく達成感を味わうことができました。丸一日天候も穏やかで風もなく、楽しませていただきました。

それと今回は、テントを立てるまでの手順、水の作り方、滑落停止など、全く経験がないことをH川から懇切丁寧に教えていただきました。ありがとうございました。これからもトレーニングして、雪山にどんどんチャレンジしてみたいです。

【U井の感想】

簡単に感想です。

今回が初の雪のアルプスでしたが、適度な雪と寒さで、天気も良かったり悪かったりで色々と楽しめました。

SNSでシェア!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です