大台ケ原・ブッシュマン2 (2018年5月26日)

2018年5月26日(土)日帰り
メンバー:A山・H川(新人)

○今回の山行報告主旨
事前に調べていたネット情報と違いが多過ぎです。
これからトライされる方に注意いたしたく、報告します。
その意味で、アプローチを含むオンサイトにこだわる方はこの先読まないでください。

○ピン状況
一部の通常グージョン以外はほとんどが、(今は評判悪い)オールアンカー。ランニング支点はオールアンカーにチェーンをふたコマで意味不明。ハンガーをけちったか。支点もオールアンカー3つをチェーンで繋げたもの。使わせてもらっているので文句は言えないのは重々承知してますが、オールドスタイルの支点と認識いただきたい。その分、支点の数はやたら多いので精神的には楽です。

○アプローチ1
尾鷲辻から神武天皇像前を過ぎて大蛇クラ分岐。大蛇クラ方面に向かう。分岐過ぎて蒸籠クラに降りる踏み跡を降りる。踏み跡は複数あるので、いきなり降りずにいったん大蛇クラ方向にやり過ごし、位置関係を確認してから降りるのがベター。

○アプローチ2
道は鹿の道らしく、適当な頃合いでルンゼに入る。大きい石も浮いているので注意。蒸籠クラとの位置関係は常に意識するものの、いい加減いやになったときにルンゼ内に島(インゼル)出現。インゼルを右(蒸籠クラに沿って)に下ると、ネット上にある目印出現。古いスリングとオレンジテープ。

○1ピッチ目  (5.9/25m) ( )はネット情報

グレードは妥当。長さは20m。

○2ピッチ目トラバース、下りもあり  (5.9/30m)

グレードはエイト、長さは20m。
ブッシュマンノーマルの取り付きを過ぎ、下って、ちょっと上がったところに支点あり。

○3ピッチ目  (5.10c/10m)  + 4ピッチ目  (5.9/30m)

A山はこの2ピッチはリンク(いっぺんに行った)。
10cは出だしのハングにつけられたと思うけど、乗り越し先の遠いガバ取れば問題なし。
上のスラブのほうがランナウトして怖い。
ハング5.10a、スラブ5.10bでトータル5.10b

○4ピッチ目  (5.11ab/20m)

ホールド明瞭でイレブンなし。
スラブは緊張するけど、5.10d

○5ピッチ目  (5.10d/25m)

難しい。
下のスラブも難しい。
半分から上も薄かぶりで難しい。
トータルで5.11a。

○6ピッチ目  (5.10d/15m)

ホールド明瞭。
でも終了点間際が微妙。木を使って5.10c。

○7ピッチ目  (5.8/10m)

簡単に見えるけど意外にパワー全開。荷物重いと5.10aはあり。

○デプローチ
終了点から一般道まで10分。  らく~。

以上、大台ヶ原の天気は常にウォッチして目指すのにはとても良いルートだと思います。

SNSでシェア!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です