剱岳 源次郎尾根〜本峰南壁A2継続登攀
2019年9月13日〜9月16日  

剱岳 源次郎尾根〜本峰南壁A2継続登攀 山行報告

9月の3連休に、剱岳の源次郎尾根と本峰南壁A2を継続登攀してきました。
天候にも恵まれ、目的だった継続登攀を完登でき、充実した山行となりました。

●メンバー  会員3名(N、O、U)

行程
9月13日(金)夜 大阪⇒(車移動)⇒立山
9月14日(土)  立山⇒室堂⇒立山三山縦走⇒剱山荘(泊)
9月15日(日)  剱山荘⇒源次郎尾根⇒剣岳⇒南壁A2⇒剱山荘(泊)
9月16日(月)  剱山荘⇒室堂⇒大阪 

●記録
2:00  起床 3:00 剱山荘を出発。

4:15    源次郎尾根取り付き。真っ暗の中、1時間ほどヤブコギに格闘。
5:30 最初の難所、大岩をフリーで突破。








5:45 朝日を浴びて、快適な尾根歩き。

7:30 源次郎尾根Ⅰ峰頂上から本峰を望む。

剱八峰のギザギザがすぐ目の前いっぱいに広がっている。右手パーが五峰。

8:30 源次郎尾根Ⅱ峰。ここから30mの懸垂は源次郎尾根のハイライト。

懸垂後は危険個所なし。絶景を楽しみながらの岩稜歩き。

10:05 剱岳山頂。お知り合いの方と会いびっくり。聞けばこれから私たちが行こうとする南壁A2を登ってきたとのことでした。

下山道のカニのヨコバイ渋滞を抜け、11:33 南壁A2の取り付き。

登攀開始。カム持ってきて良かった。

3P目

15:35 6Pで登攀終了。ガレ場をトラバースして一般道に出て下山開始。

前剱。後立山連峰から滝のように流れ落ちる雲海。

ほとんど人のいない静かな登山道から眺める、雲海に沈む夕日。


18:30 15時間半行動の後、剱山荘に無事帰還。
生ビールは残念ながら売り切れ、缶ビールで祝杯。


まとめ
源次郎尾根の取り付きに苦戦しましたが、ここは次回の課題としたいと思います。
源次郎だけ、南壁A2だけでも十分な山行になったと思いますが、両ルートを同じに日に登攀できたことで、とても充実した山行を成し遂げることが出来たと感じています。
南壁A2は落石を心配してました。小さい石が落ちてきて私のザックにあった時はひやっとしましたが、思っていた以上に登りやすかったです。
SNSでシェア!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です